知らないと損する自動車ローンの仕組み

長らく低金利が続いていますが、金利が低いとはいえ知らないと損をする自動車ローンの金利の仕組みを徹底解説します!

自動車ローンの借り換えの説明とポイント

2016年08月31日 19時11分

車を購入するのに自動車ローンを組んで自動車を購入した後に、毎月の支払い金額が安くならないかと考える人は少なくありません。
毎月の自動車ローンの支払い金額を安くするためには、自動車ローンの借り換えを行う事で毎月の支払い金額を安くする事は出来ます。
自動車ローンを借り換える際のポイントは、まずチェックしたいのは、金利です。

当然現在利用している自動車ローンの金利より、低くなければ借り換えを行う意味がありません。
まず、金利の安いローンがないかを調べます。
金利が今借りようしているローンより利用している金利より低くっても、借り換えの際に手数料が掛かる場合があります。
どのような手数料が発生して実際に金額がいくらかをきちんと把握する事がポイントです。

その手数料を調べて現在のローンを払い続ける事より、総支払額が減らないのであれば意味がありません。
もう一つのポイントは、金利を比較するうえで金利体系が変動金利か固定金利のどちらなのかを確認する事です。

固定金利であれば、月々の返済額は完済までは変わりませんが、変動金利の場合には将来金利の変動があり返済額が増えてしまう可能性があります。
今の金利が現在利用している自動車ローンより安くても変動金利の場合には注意が必要です。
借り換えをする事を決めたら、申し込む前にきちんとシミュレーションをして、総支払金額が現在利用しているローンより安くなる事を確認したうえで借り換える事です。