知らないと損する自動車ローンの仕組み

長らく低金利が続いていますが、金利が低いとはいえ知らないと損をする自動車ローンの金利の仕組みを徹底解説します!

自動車ローン借り換えシュミレーションを利用しよう

2016年08月31日 19時09分

多くの人は車を購入する際に自動車ローンを組みます。
その中には様々な理由からローンの借り換えを行う方もいます。
その際に確認しておくべき点がいくつかあります。
まずは現在のローンの支払い額です。

借り換えするのに現在のローン支払い額より多くなっては意味がなくなってしまいます。
この支払い額は金利が大きく関係します。
金利が安いほうに変えるのが基本です。

この金利は信販会社系ローンだと高く、銀行系ローンだと安い傾向にあります。
車を購入した店舗でローンを組む場合は基本的に信販会社系のローンになりますので、そこから銀行系のローンに借り換えるのが無難と言えます。
次に自動車の所有者が誰かということです。

信販会社系のローンだと自動車の所有者が信販会社名義になっている場合があります。
名義が信販会社名義だと借り換えができないの場合があります。
始めから銀行系のローンを組んだ場合は基本的に所有者は自分名義なのでこの点は問題ないです。
さらにローンの残り年数を確認します。

ローンの組む時に現在のローンの残り年数と同じ年数までしかローンを組めないという場合があります。
これらを踏まえまずはシュミレーションをやっておくのが大切です。
シュミレーションはどこのローン会社もネットや電話で受け付けてありますのですぐに試せます。

自動車ローンシュミレーションで金額と金利、返済年数を入力すれば返済金額がすぐにでますので活用すると楽になります。
自動車ローンは金利の差額が大きくなるので借り換えをして無駄を省くことができます。