知らないと損する自動車ローンの仕組み

長らく低金利が続いていますが、金利が低いとはいえ知らないと損をする自動車ローンの金利の仕組みを徹底解説します!

固定と変動で分かれる自動車ローンの金利の仕組みとリスク

自動車ローンの審査

自動車ローンの金利の仕組みは大きく分けて二つあります。

一つは固定制です。
固定金利制は高めに設定されているものの、完済まで一定であるため、月々の返済金額も変わりません。
長期にローンを組む場合に向いており、返済計画が立てやすい面があります。

もう一つは変動制です。
銀行の自動車ローンでは最低の実質年率を1%台に設定しているものがあり、低金利が魅力です。
銀行や信用機関などでは給与の振込みなど口座の取引内容に応じて金利を優遇しているローンもあります。

固定制と比べて、月々の返済額が少なく、総返済金額でみると大きな差が出てくるのですが、変動制を利用する場合に気をつけたい点があります。
それは将来、変動する場合があり、金利上昇によって返済の負担が増える恐れがあることです。

短期に利用する場合に向いているのが変動制で、総返済額の比較も現時点の実質年率が設定される場合の計算です。
また、自動車ローンにはディーラー系と銀行系の二つの仕組みでみることができますが、手続きのしやすさではディーラー系、金利では銀行系に利点があります。

また、保証人なしで自動車ローンを組むことができますが、別途、保証料が掛かってくることがあり、住宅ローンの仕組みに似たところがあります。
金利は低くても、手続きや保証料で掛かってくるのが銀行系の自動車ローンです。
単に実質年率の比較だけでなく、総支払い額や手続きの面など総合的に捉えてみることをおすすめします。

自動車ローンだけでなくちょっとした資金不足に便利
すぐ借りたいならアコム※駅周辺でキャッシングできます!
http://www.thorgerdurolafsdottir.net/

 

自動車ローンの金利の比較に関して


自動車ローンの金利の比較に関して、色々な銀行などの商品としてマイカーローンと言う自動車ローンが存在している事となり、その中でやはり金利の部分が一番消費者としては気になる所であり、それぞれ他社の銀行などの金融機関での比較を行う中で、安く返済を行える所を見つける事が出来れば、素晴らしいカーライフを実現する事となります。

住宅ローンほど金利も安くはありませんが、それに次ぐほどの低い利息での自動車ローンの活用なども、色々な金融機関で取り扱っている事から、比較する事により安い所を見つけ出す事が出来る事となります。自動車も住宅の次に大きな買い物であり、中々一括での支払いも難しい事が多い状況と言えます。

住宅のケースでは住宅ローン控除が受ける事が出来る事ですが、自動車ローンについてはそれを得る事が出来ない事で、メリットとしては目先のお金を立て替えてもらい返済して行く事で自分の欲しい自動車に乗る事が出来ると言った事はとても良い条件と言え、こうした所を考えて行く中でやはり色々な事を比較していきながら安い金利の所で借入れが行える事となると、自動車ローンの返済も随分と楽に行える事となります。

1%でも違うとそれだけで数万円もしくは数十万円もの利息に違いが発生する事となり、そう言った所を踏まえて考えても、やはり少しでも金利の安い銀行に借りる事が有利となっていて、自動車ローンの金利の比較をしっかりと行う事で借り入れる所を考える事も大切です。
 

自動車ローンを選ぶなら比較サイトがおすすめ


自動車を購入するためのお金は、キャッシュ(現金)とローン(分割払い)の2つがあります。もちろん、キャッシュで買えればそれに越したことはありませんが、自動車は高額な商品であり種類も豊富で選択肢も幅広いため、手持ちのお金では購入が難しい場合があります。そういう場合にはやはりローンを使うのが一般的です。

ローンといえば、カードローンやキャッシング、フリーローンなどがありますが自動車であれば、やはり自動車ローンを利用するのがおすすめです。自動車ローンでは自動車の購入に特化しているローン商品なので、カードローンやキャッシングなどに比べて利率も低く抑えられており、ほかのローン商品と比較しても有利です。

一方で自動車ローンといっても提供しているのは銀行や貸金業者や信販業者のほかにも損保会社などが参入しており、それぞれに特色があります。そのため、理想の自動車ローンを探すのであれば、比較サイトを利用するのがおすすめです。比較サイトでは業種の垣根を越えてあらゆるローンを幅広く紹介しているので理想とするローンを探し出すことができるのでおすすめです。特にこの中でも有利なのが銀行の自動車ローンです。

例えば信販会社などが提供している自動車ローンの場合には、所有者が信販会社名義になる場合が多く、この場合にはローン完済まで自由に売却することができませんが、銀行の自動車ローンであれば、あくまでもお金を融資するだけなので、所有者も購入者名義で、売却するさいにも面倒な名義手続きの変更なども必要ありません。